産楠ブログ

設計士は同級生


約一年半前に開業を決意した訳ですが、漠然と伊集院という場所しか決まっておらず、何から初めていいのか全くわからない状態でした。

病院を建築するのには、いくら位かかるのか見当がつかずいきなり建築事務所を訪ねる勇気もありませんでした。
そこで思い出したのが高校の同級生で建築士になった宮下信二君、高校時代に「建築士になったら病院を建ててあげる」と言っていたのを思い出し15年ぶりに連絡を取ってみました。

彼はサッカー部のチームメートで3年間を一緒に過ごしました。
宮下君は守備の要で僕は攻めてばかりで守らないフォワードでした。最初は相談だけのつもりでしたが最終的には彼の所属する建築事務所アトリエサンクさんに設計をお願いする事になりました。
いつも僕はいろんな要望を言ってばかりですが(攻めてばかり)、宮下君はしっかりと受け止めてくれて最後は守ってくれてます。

何となく高校時代のサッカースタイルと同じ気がします。

アトリエサンクさんいつも有り難うございます。
アトリエサンクさんのブログでくすもと産婦人科の建築の様子が紹介されています。