くすもと産婦人科について

ご挨拶

くすもと産婦人科 院長

平成23年12月に鹿児島県日置市伊集院町に産婦人科を開業させていただくことになりました。
産婦人科医となってこれまでの間に、産科・婦人科・不妊治療・新生児医療を学んできました。日置市には産婦人科が一軒もなく妊婦さんは出産のために鹿児島市内への通院を余儀なくされていました。日置市の妊婦さんが安心かつ安全に出産できる施設を目指していきたいと思っております。
産婦人科の患者様は妊婦さんだけではなく、妊娠して出産できる女性の影には妊娠を希望してもなかなか妊娠できずに不妊症で悩んでいる女性も多く存在しております。この地域には婦人科的な検診、特にがん検診を一度も受けたことのない女性も多数いるのが現状です。また出産を経験し子育てが一段落してから更年期の症状に悩まされる女性も多く存在します。

産婦人科医となって学んだ知識、技術を日置市の女性、生まれてくる赤ちゃん、不妊症、更年期で悩む女性のために生かせればと思いこの地での産婦人科の開業を決意しました。
皆様どうぞよろしくお願い申し上げます。

くすもと産婦人科 院長 楠元 雅寛


くすもと産婦人科の目指す医療

  1. 患者様が話したい事、疑問、悩みをすべて打ちあける事のできる病院を目指します。
  2. 最新の医療情報、技術、治療法を患者様に提供できるように医療技術、知識の向上に勤めます。
  3. 快適な妊娠生活のお手伝いを第一に考え安心かつ安全な分娩を目指します。